【競艇好きの芸能人】リアルカイジGPにもゲスト出演したあの人!?

リアルカイジGPに出演した競艇好きの芸能人は?

テレビ番組

2018年4月からAmebaTVにて放送されていた『リアルカイジGP』が6月24日をもって終了した。

リアルカイジGPは、『福本伸行』先生による人気漫画『カイジ』をもとにした番組オリジナルゲームを行い、優勝したら1億円貰えるという番組だ。

6月24日の6時間生放送スペシャルに行われた『Eカード』で勝利した『井門由美』さんが見事に1億円を手に入れた。

様々なドラマがあり、多くの芸能人や有名人がゲストとして出演した番組だったが、ゲストの中にリアルにギャンブルにのめりこんでいる方もいたようだ。

平成ノブシコブシの徳井健太ですね。大の競艇好きのようで、家の預金通帳を持ち出してギャンブルに突っ込むほどらしいです。これまでに費やした金額は数千万レベルで多額の借金を背負っていたとか。『芸人で売れていないからギャンブルで金を増やそう』という思考とはかけ離れていますよ。ギャンブルそのものが好きなんでしょうね。

平成ノブシコブシの『徳井健太』さんは競艇好きとして有名だ。

過去には、家の預金通帳を持ち出してしまったこともあるらしい。

数千万レベルで借金を背負ったこともあるらしく、無類のギャンブル好きといえるだろう。

一方で、相方の吉村崇も競馬好きとして有名ですよ。過去に3連単一点買いで総額665万円を当てたことがあるんです。ただ、高級マンションや外車で散財していましたが……」(同)

コンビの相方の『吉村崇』さんは競馬好きとして有名だったらしい。

競馬は競艇と比べて払戻金が高くなりやすい傾向にあるが、3連単の払戻金が665万円というのはなかなかお目にかかれない。

かなりの金額を賭けたか、よっぽど荒れたレースだったのだろう。

どちらにしても1点買いで的中させるというのは豪運としか言いようがない。

2人ともギャンブル好きということなら、話もあって楽しいコンビなことが想像できる。

競艇はほどほどに

札束

競艇や競馬は国や市が運営している公営ギャンブルだ。

公営ギャンブルには控除金という、国や市の収入となるお金が存在している。

舟券を買った総額から控除金が引かれて、残った分が払戻金として返還されるのだ。

競艇の控除率は70%だ。

つまり、適当に買い続けているとどんどんお金は減っていくのだ。

逆に考えると、予想せずに買い続けていても70%は返ってくるということになる。

競艇で数千万円負けるということは、数億円分の舟券を買っているということだ。

本人が楽しいのであれば問題はないのだが、予想の仕方を見直した方が良いかもしれない。

参考:ギャンブルジャーナル

競艇で10億円すったのは誰?

あの有名人がまさかの競艇好きだった!?

フリーアナウンサーの『徳光和夫』さんの息子の『徳光正行』さんが実は競艇好きだったらしい。

徳光和夫さんと言えば、大のジャイアンツファンであることが有名で『巨人親父』なんて呼ばれていたりもする。

24時間テレビ『愛は地球を救う』に出演した時は涙をながし、涙もろい一面を見せた。

一方、徳光正行さんはタレントとして活躍しており、『ひるキュン!』などの番組に現在出演している。

父親の和夫さんとの共演したこともあり、親子そろって同じ業界で活躍中の二人だ。

そんな和夫さんの秘密を、父親の正行さんが『ダウンタウンDX』で暴露した。

和夫さんが競艇ですった金は「トータルで10億円ぐらい」と明かし、「家にあるお金をほとんど使うほど。給料が入ったら、次の給料日までもたず、月初めにはなくなっている。

競艇で10億円も溶かすのは相当なことだ。

公営ギャンブルには控除率というものが設定されており、運営している国や市にお金が入るようになっている。

平均的な的中ではお金が減っていくのはある程度普通のことのだが、10億円負けるというのは相当なものだろう。

(和夫さんが)家の中で(お金を)探すので、お金がある場所を定期的に変えないといけない。僕も机の引き出しに入れておいたお年玉を取られた

和夫さんは家の中のお金を探してまで、競艇の資金にしているようだ。

番組で笑って話せるくらいなので、正行さんも本当に困っているわけではないと思うのだが、あまり良いことではないだろう。

競艇はきちんと予想ができれば、ある程度はお金が取り返せるギャンブルだ。

負けた分を取り戻すのは難しいだろうが、負けすぎない買い方を和夫さんには学んでほしい。

競艇で負け続けるのは危険

競艇で負け続けることがいかに危険かはわかっただろう。

負けが続くと、ついつい冷静さを失って予想が適当になってしまいがちだ。

いい加減な予想では当然だが的中しない。

的中しないからより機嫌が悪くなる。

悪循環に入らないためには、1レース舟券を買うのをやめるという手がある。

一度落ち着いて、自分の買い方を見つめなおすことが次の的中につながるのだ。

負け続けて競艇が嫌いになる人がいると私はとても悲しい。

やはり、当たったり外れたりをするくらいが競艇を楽しめるポイントだろう。

競艇選手で玉の輿!?

『アメトーーク!』で特集された競艇好きの芸能人

人気番組『アメトーーク!』で『ボートレース芸人』という特集が放送された。

全身全霊を打ち込む戦いが続いているが、この日を待ちわびているのは選手たちだけではなく、競艇ファンも同じだ。また、以前までその年の稼ぎのほとんどを年末のボートレースにつぎ込むと公言していた坂上忍をはじめ、蛭子能収、内山信二、ネプチューン・堀内健をはじめ、芸能界でも競艇ファンが増えているようで、徐々にメディアに取り上げられることも増えている。

年末の『賞金王決定戦』直前の放送もあって注目を浴びた。

賞金王決定戦はボートレースグランプリとも呼ばれる、毎年12月に開催されているSG競走だ。

その年の1月1日から11月30日までの年間獲得賞金ランキング上位18名が出場することができる。

他のSGとは違い、A1級でなくても出場できるのが特徴だ。

競艇の選手はレースの賞金でお金を稼いでおり、レベルの高いレースほど賞金は高くなる。

獲得賞金ランキングの上位18名というのは、その1年間で最も強かった18名と言っても過言ではないだろう。

しかも、賞金王決定戦の優勝賞金は1億円だ。

通常のSG競走の優勝賞金は2,500万円~3,500万円程度なので、3~4回優勝したのと同様の稼ぎを得ることができる。

そんな賞金王決定戦を控えて、選手たちが気合を入れているのはもちろんだが、競艇好きの芸能人たちも準備を整えている。

1年間の稼ぎを年末のレースにすべてつぎ込むという猛者をはじめ、競艇場に行って舟券を買うための資金の用意をしているらしい。

選手にとっても、ファンにとっても、熱い年末になりそうだ。

女性芸能人が競艇選手と結婚する理由

男性競艇選手と結婚する女性芸能人やモデルが増えてきているようだ。

最近は、イケメンボートレーサーが増えた影響か、ハマって恋にはまで発展する女性芸能人も多い。昨年前はグラドル・秋山莉奈が後藤翔之と、SDN48でフリーアナウンサーの近藤さや香と馬場剛が入籍し、秋山は今年の2月に第一子を出産しています。また元・グラドルの片岡未来と郷原章平、さらに元グラドルで現・大阪市議の佐々木りえと中野次郎も結婚していますね。

競艇選手は日本全国の競艇場を飛び回る職業なので、結婚生活は大変そうだが、実際のところはどうなのだろう。

また、競艇選手の一番の魅力は選手生命が長いことだと言っている人もいる。

70歳以上でも現役の選手もいるくらいだ。

年収も一番下のクラスのレーサーでも約500万と言われており、玉の輿狙いの女性としては見逃せない。

競艇選手と結婚する女性の全員がそうだとは思わないので、普通に恋に落ちるパターンもあるだろう。

家に待っていてくれる人がいるというのは励みになるので、競艇選手としても結婚は大切なことなのだ。

ボートレースにハマる芸能人が増加中!

ネプチューン『堀内健』さんが意外にも競艇好きだった!

15 日に放送された『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)で、ネプチューン・堀内健の意外な趣味が明らかになった。

世の中の競艇好きの芸能人が増えているらしい。

私のような競艇好きにとっては、競艇がメジャーな遊びになっていくのは喜ばしいことだ。

公営ギャンブルとはいえ、ギャンブルはギャンブル。

良い印象を持たない人も世間にはいるだろう。

そんな中で、きちんと「自分は競艇好きだ」と言える芸能人には好感が持てる。

ネプチューンの『堀内健』さんも実は競艇好きだったらしい。

ボートレース平和島などでの目撃情報が続出しているようだ。

平和島でのレースは7月16日からの『ミニボートピア黒石開設9周年記念 ウェーブ21杯』までないので、今は寂しい思いをしているかもしれない。

私も地元のレースがしばらくないときは、悲しい思いをする。

今ではインターネットで舟券を購入できるし、ライブ中継も見れるので、便利な世の中になったものだなぁと思う。

他にも続々と競艇好きの芸能人が!?

『しくじり先生』出演が話題になり、“次の再ブレイクタレント候補”の呼び声が高い内山信二も、今年に入ってからレース場での目撃情報が相次いでいる。

堀内健さん以外にも、実は競艇好きで有名な芸能人は何人かいるみたいだ。

『しくじり先生』に出演した『内山信二』さんもボートレース江戸川で何度か目撃されている。

しくじり先生は『人生を盛大にしくじった人から『しくじりの回避法』を学ぼう!』という基本理念にした番組だ。

オリジナル性の高い面白いコンセプトの番組だが、昨年番組は終了になってしまった。

競艇は無限にお金を賭けることができるので、しくじりやすいギャンブルだと言えるかもしれない。

自分の予算に合わせた舟券購入をして、失敗しないようにしたいものだ。

一方、ボートレース番組のレギュラーを務めたこともある、筋金入りのファンなのがドラマ『下町ロケット』(TBS系)の演技が話題の立川談春。

芸能界の中でも筋金入りの競艇好きとして有名なのが『立川談春』さんだ。

立川談春さんは、『最もチケットが取れない落語家』と呼ばれることもある有名な落語家だ。

2015年には30周年記念ツアーも終えた超大御所である。

『競艇ナビゲーター』として競艇中継に出演したり、競艇雑誌や新聞のコラムも担当したことがある。

競艇好きの芸能人がもっと増えて、競艇に興味を持ってくれる人が一人でも多くなれば、これほど嬉しいことはない。